ページを選択

MY ACCOUNT

世界限定 50 台 「007 コレクション」

オンラインで購入

映画『007は二度死ぬ』の公開 50 周年を記念した 007 とグローブ・トロッターのコラボレーションコレクション

この世界中に熱狂的なファンを持つ 007 とのコラボレーションコレクションは、世界で 50 台のみ、日本国内では ヴァルカナイズ・ロンドンで 30 台の限定販売となります。

映画 007 シリーズ 第 23 作目「007 スカイフォール」、 第 24 作目「007 スペクター」のオフィシャルパートナーを務めたグローブ・トロッターが手がけるこの特別なコレクションは、日本が舞台となった第 5 作目「007は二度死ぬ」の劇中の名場面の 1 つ、ヘリコプター部隊との空中戦に登場するオートジャイロ「リトル・ネリー」をイギリスから日本へ運ぶために使用したスーツケースにインスピレーションを得た 14 インチモデルです。

2017 年 11 月 24 日(金)より ヴァルカナイズ・ロンドン オンラインストア先行販売、2017 年 12 月 1 日(金)からヴァルカナイズ・ロンドン各店舗にて発売となります。
( 35 × 29 × 11 cm、138,240 円 税込)

劇中で重要な役割を果たすオートジャイロのリトルネリ―の部品を運搬したスーツケースの表面にはエキゾチックなクロコレザーがあしらわれていました。

どんな道具にもエレガントであることを追及するジェームス・ボンドならでは美学がここにもあります。

今回のグローブ限定モデルではジェームス・ボンドの美学に則り、コーナーとハンドルにシンプルな中にもダンディなセクシーさを感じさせるブラックのクロコ調レザーを使用しています。

劇中で使われたスーツケースと同じように漆黒のケースを開けると、鮮烈なレッドが現れます。

ブラックとレッドのコンビネーションはビビッドで鮮烈な印象を醸し出しながら同時にアンダーステートメントでもあるという伝統的に好まれてきた組み合わせでもあります。

You Only Live Twice『007は二度死ぬ』公開 50 周年を祝うレザーパッチがこのモデルの ”特別さ” をさらに演出します。

特別な限定モデルであることを示す映画タイトルのロゴマークがケースの外部にゴールドカラーでスタンピングされています。

印象的な円形のデザインは映画の舞台が日本である事に因んで ”和傘” をモチーフにしたものです。

007 シリーズのタイトル・デザイナーとして世界的な名声を得たモーリス・ビンダー(Maurice Binder)が作り上げたデザインは、007 シリーズ、ジェームス・ボンドと同様にまさに ”タイムレス” な魅力を備えています。

You Only Live Twice
『007は二度死ぬ』

今年で公開 50 周年となるイギリス映画 007 シリーズ第 5 作目、You Only Live Twice 『007は二度死ぬ』

映画の舞台が日本、ロケも日本各地の観光名所で行われ、俳優の丹波哲郎が日本の情報機関のボスとして登場するほか、初の日本人ボンドガールとして女優の若林映子と浜美枝、さらには第 50 代横綱佐田の山が本人役で登場。

日本とジェームス・ボンドが密接に結び付いた作品として日本でのボンド人気がさらに高まった一作と言われています。

1964 年東京オリンピック開催直後の高度経済成長期の東京を中心にロケが行われ、地下鉄丸ノ内線やホテルニューオータニ、旧蔵前国技館、東京タワー、銀座 4丁 目交差点、駒沢通りなどの現在の東京でもおなじみの風景が随所に出てきます。

特殊部隊の訓練場を姫路城に設定しているほか、鹿児島県坊津の漁村や霧島山新燃岳などでもロケを行い、付近一帯ではボンドのオートジャイロ「リトル・ネリー」とスペクターのヘリコプター部隊の空中戦シーンの一部を空中撮影するなど大規模なロケを行われました。

また日本製の伝説的なスポーツカーであるトヨタ・2000GT の特別仕様車がボンドカーとして登場するなどカーマニアにとっても垂涎の映像が収められています。

今作の第 2 のボンドカーともいえるオートジャイロの「リトルネリ―」は、スーツケース数台に全部の部品が収まってしまうほどのコンパクトボディでありながら、数限り無い兵器を搭載しているという冒険心をくすぐるギミック等により公開当時から大人気となり、これまで何度も模型化されるなど現在に至るまでカルト的な人気を誇っています。

世界限定 50 台 「007 コレクション」

オンラインで購入