ページを選択

MY ACCOUNT

記念コレクションに込められた老舗のプライド

150 周年記念コレクション「150」アンブレラの特長は、ゴルフ用のパラソルのスタンダードであるダブルフレームシャフトを採用していること。

実用面では重さが増すものの、オリジナルのスタイルを守りたいという我々の意志の表れでもあります。

そして、これまで使ったことのないウォールナットを使ったワンピース構造にすることで、新しいことにも挑戦しています。

ウォールナットという素材はとても特別なもので、その年輪の美しさゆえにトラディショナルな家具にもよく使われています。

それを削り出し、この工場にある 150 年前の機械で加工し、ミシンとハンドワークを駆使して 1 本の傘をつくり上げるのです。

決して大きな工場ではないので、1 本つくるのに半日はかかります。

ですが、その分職人たちは機械では判断できないものを見分け、ミシンでは不可能な美しいステッチングを行っています。

「150」アンブレラは専用のパーツも多く、スプリングも職人が手曲げでひとつひとつ調整しながらつくっているのです。

その工程をご紹介すると、まずウォールナットの中棒にパーツを通す穴を開けて先端部分をシェイプします。

削った部分にはステインで色を合わせて見た目のバランスを調整します。

そして別の職人が型紙に合わせて生地を 2 枚重ねで裁断。

そうすることでまったく誤差のない面積の布が生まれます。

それをミシンで縫い合わせ、さらに別の職人がフレームに合わせて張ってゆき、フレームの付け根をカバーするロゼットなどの細かなパーツは手縫いでつくり、アイロンをかけて仕上げます。

最後にシリアルナンバーが刻印されたカラーを装着して完成です。

とても簡単に見えるかもしれませんが、職人はひとりひとりがそれぞれのプロフェッショナルです。

そのため、作業が容易に見えてしまうのかもしれませんね。

我々の顧客のなかには祖父から受け継ぎ、100 年前の傘をフルリペアサービスでメインテナンスしながら使い続けている顧客もいます。

1 本を大事に受け継ぐという英国ならではの文化と伝統が「フォックス・アンブレラ」には宿っているのです。

みなさんも、スタイルやオケージョンに合わせて複数の傘を使い分けて、英国が誇るクラフツマンシップの真髄を味わってください。

「150」アンブレラ 7 万 9000 円

「150」アンブレラ 7 万 9000 円

ワンピースのウォールナットを中棒に、クラシックなダブルフレームを採用した 150 周年記念コレクションは、世界限定 150 本というレアアイテム。

ハンドルには、シリアルナンバーが刻まれたプレートが備わっており、ストラップはゴム製ではなく、傘地と同じ素材を採用。

随所に「フォックス・アンブレラ」の伝統を感じさせるディテールが息づいています。

「150」 アンブレラ 7 万 9000 円(税抜) / フォックス・アンブレラ

ワンピースのウォールナットを中棒に、クラシックなダブルフレームを採用した 150 周年記念コレクションは、世界限定 150 本というレアアイテム。

ハンドルには、シリアルナンバーが刻まれたプレートが備わっており、ストラップはゴム製ではなく、傘地と同じ素材を採用。

随所に「フォックス・アンブレラ」の伝統を感じさせるディテールが息づいています。

「150」 アンブレラ 7 万 9000 円(税抜) / フォックス・アンブレラ