ページを選択

MY ACCOUNT

JAMES GROSE

MADE IN ENGLAND

イギリスの老舗レザーウェアブランド

アーカイブのクラシックスタイルをディテールまで再現しつつも細身なシルエットでモダンに仕上げたライダースジャケット

BRAND HISTORY

モーターサイクリスト達に親しまれたイギリスの老舗「James Grose」

英国製の 2 輪が栄華を極めていた時代に多くのモーターサイクリスト達のバイクライフを支えた「James Grose」、そしてその自社ブランド「Jagrose(ジャグロース)」

その名は、1950 ~ 1960 年代のイギリスで代表的な 2 輪誌の1つであった「The Motor Cycle」の広告でも頻繁に目にすることのできるメジャーなブランドでした。

ジェームス・グロースの起源は 1876 年のロンドンまで遡ります。

19 世紀末から 20 世紀にかけてモーターバイク、パーツのディーラーとして成功を収め、特に “Grose-Spur” と呼ばれるのシンプルな構造の 120 CC のバイクは、第一次大戦の人手や資源不足の中でも製造や原材料の調達のしやすさなどから大変良く知られたモデルとなりました。

UK モーターサイクル全盛期には、ジェームス・グロースはモーターサイクリストのウェアやアクセサリーを扱うリテーラーとして発展し、1950 年代には、スポーツ用品全般を取り扱うロンドン有数のデパートメントストアとして親しまれました。

その後、ロンドンのメインロードのユーストンロードとグレイトポートランド・ストリートが交差する地にランドマークとして長らく君臨したジェームス・グロースもイギリス全土を覆った経済停滞の波には抗えず、1971 年にそのヒストリーの幕を閉じました。

一旦その歴史に幕が下ろされるとほとんど忘れられた存在になっていたブランドに転機が訪れたのは 2013 年の事でした。

ひとりの日本人モーターサイクルマニアが UK 旅行中に手に入れたジェームス・グロースのビンテージジャケットの素材や製造技術の卓越した品質の高さに感銘を受け、この忘れられていたブランドに新しい息吹を吹き込むべく、イーストロンドンの家族経営のバイカーズジャケット専門ファクトリーでジェームス・グロースのブランドの名のもとに製造を開始、最高級のラグジュアリーレザージャケットとしてジェームス・グロース・ブランドが復活を遂げました。

ISLE OF MAN

「また訪れる地」ではなく「また帰ってくる地」
アイル・オブ・マンの聖地たる魅力

アイリッシュ海に浮かぶ孤島「アイル・オブ・マン」では、毎年「マンクス・グランプリ&クラシックTT」というレースが開催され、ヴィンテージ&クラッシックモーターサイクルを愛するエンスージアスト達が世界中から集まります。

様々な表情を織りなす島の風景は、人々を虜にし、レース観戦の合間に愛車に跨り島中を隈なく駆け巡るバイカー達、至るところで往年の名車を見かけ、路上で擦れ違う際には必ずと言っていいほど挨拶が交わされます。

ミュージアム・ピースを所有するだけでなく、生き生きと走らせる様には、文化としての「モーターサイクリング」を感じずにはいられません。

50 年以上前の古き良き時代の風景がそのまま残ると言われるアイル・オブ・マン、この小さな島に毎年欠かさず訪れる筋金入りのモーターサイクリスト達。

何度でも舞い戻りたくなるその魅力は、悠久の時が流れるマン島に集う人達と、モーターサイクリングを通じてシェアする暖かで優しくそして豊かな島を包む空気なのでしょう。

映画「The Wild One」(1953)のマーロン・ブランドのスタイル以来、ライダースジャケットは解放、反抗、自由の象徴となりました。

ジェームス・グロースのライダースジャケットは、クラシックレザージャケット全盛期のブランドDNAを受け継ぎ、それは今日のカルチャースタイルにも受け継がれています。

クラシックなディテールを再現し、エレガントにアップデイトしたジェームス・グロースのライダースジャケットは、英国の職人により仕立てられた細身のエレガンス・フィットが特徴です。

英国の伝統的なダブルブレスト仕様で、襟付きの Manila(マニラ)とスタンドカラーの Kansan(カンサン)は、ブランドのシグネチャーモデル。

また、シンプルでモダンなシルエットの Clubman(クラブマン)や Ricard(リカルド)、ベーシックな Aviation(アヴィエーション)など豊富なコレクションが揃います。